各種プリンターで使える互換インクに関して徹底解説!

互換インク

プリンターの印刷代を格安に抑えることのできる互換インク。

 

こちらではどうしてそこまで安いのかや再生インクとの違いに関してまとめています。

 

互換インクの購入を考えているなら参考にしてくださいね。

 

互換インクが純正品よりも圧倒的に安い理由とは・・・

 

互換インクが純正品よりもなんで安いのかというとまずはメーカーが出している純正のインクカートリッジ自体が安定した収益を得るための価格設定だからです。

 

メーカーにとっては本体よりも消耗品であり継続的な補充が必要な互換インクの方が圧倒的に利益としては大きいんですね。

 

そのためメーカーや対応するインクカートリッジにもよりますが1セットで5,000円ぐらいの価格がするものもざらにあります。

 

一方で専門店が扱っている互換インクの方はそういった利益重視の価格設定をする必要がなく、さらにインクだけでなく容器までオリジナルで制作されたものなのでコストを大幅に下げることが出来るんです。

 

他にも純正インクの容器だけを使ってそこに顔料や染料を補充した再生インクというものもありますが互換インクはこちらよりもさらに割安なんですよ。

 

よく聞く再生インクカートリッジとの違いは?

 

上記で書いたとおり再生(リサイクル)インクの方は純正のインクカートリッジに液を補充したもので純正品よりは安いのですが容器を回収する手間がかかるので費用は互換インクよりも割高になります。

 

互換インクの方は容器も別で制作したものなのでその分安いんですね。

 

ですが容器やインクまでオリジナルといっても【互換】と名の付くとおり純正品と全く同じ感覚で使用することが出来ます。

 

メーカーもキャノンやエプソン、ブラザーにhpと各種対応しているだけでなくモデルもPIXUSなど家庭で主に用いられているものにバッチリと対応しています。

 

今は楽天やAmazonにも並んでいて印刷代を抑えたいという人たちから大注目されているんですよ。

 

 

互換インクの性能は大丈夫なの?


プリンターに使える互換インクとは-安心の専門通販店はココ関連ページ

互換インクにトラブルはつきもの?
プリンターの互換インクをはじめて購入する人が心配するのがやっぱり心配。中にはトラブルがつきものだと考えている人もいますがちゃんとした専門店が取り扱っている互換インクなら純正と見分けがつかないほど綺麗に印刷できちゃうんですよ。

このページの先頭へ戻る